第1章 総則

第1条 目的

この規約は、エアプサン(株)(以下、「エアプサン」といいます)が運営するエアプサンインターネットのウェブサイト(airbusan.comなどエアプサンで運営するサイト)で提供するインターネット関連サービス(以下「サービス」とします)を利用するにあたり、エアプサンと利用者の権利・義務及び責任事項を規定することを目的としています。

第2条 用語の定義

  • ① 「エアプサンのウェブサイト」とは、エアプサン、この情報またはサービスを利用者に提供するため、コンピュータなどの情報通信設備と情報通信網を利用して、情報やサービスを利用者に提供して財貨または用役を取引することができるように設定した仮想の営業所を指します。
  • ② 利用者とは、エアプサンのウェブサイトに接続して、この約款に基づき、エアプサンが提供するサービスを受ける会員また非会員を言います。
  • ③ 会員とは、エアプサンのウェブサイトに個人情報を提供して会員登録を行った者とし、エアプサンの情報を持続的に提供され、エアプサンが提供するサービスを継続的に利用できる者を言います。
  • ④ 非会員とは、会員に加入せずにエアプサンが提供する情報やサービスを利用している者を言います。

第3条 約款の掲示及び改正

  • ① エアプサンは、この約款の内容と商号、連絡先(メールアドレス、電話番号、ファックス番号等)、通信販売業申告番号などを利用者が分かるように、初期サービス画面(全面)に掲示します。
  • ② エアプサンは、約款の規制に関する法律、電子取引基本法、電子署名法、情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律、消費者基本法、電子商取引などでの消費者保護に関する法律などの関連法令を違反しない範囲でこの約款を改正することができます。
  • ③ 約款を改正する場合には改正事由及び適用の日付を明示して現行の約款と共に、初期画面にその適用日7日以前から適用日前日まで告知します。
  • ④ 改正約款は改正された内容が関係法令に反しない限り改正以前に会員加入した利用者にも適用されます。 ただし、改正約款の適用を拒絶する意味を約款の公示期間内にエアプサンに明示的に通知した利用者に対しては改正前の約款条項が適用されます。
  • ⑤ 本約款で定めない事項とこの約款の解釈に関しては、電子商取引などでの消費者保護に関する法律、約款の規制に関する法律、公正取引委員会が定めている電子商取引などでの消費者保護指針、関係法令又は商慣習に従います。

第2条 サービスの利用

第4条 サービスの提供

エアプサンがウェブサイトを通じて提供するサービスは下記の通りです。

  1. 航空券の予約および購入に関わる情報、サービス提供
  2. エアテル、ホテル、レンタカーなど旅行関連の情報、サービス提供
  3. その他のエアプサンが定める業務

第5条 サービスの中断

  • ① エアプサンは、コンピューター等の情報通信設備の点検・保守・交代・故障・通信途絶などの場合にはウェブサイト上のサービス提供を一時的に中断することがあります。
  • ② 第1項によるサービス中止の場合、エアプサンは第8条から定めた方法で利用者に通知します。
  • ③ エアプサンは、第1項の事由でサービスの提供が一時的に中断、利用者または第三者が被った損害を賠償しません。ただし、エアプサンに故意または重大な過失がある場合には、その限りではありません。
  • ④ エアプサンは利用者が次の各号の1に該当する行為又は行為を行う恐れがある場合、事前通知なくサービス利用を中断することができます。
    1. 公共の秩序又は美風良俗に反する行為
    2. 犯罪に関わったと推定される一切の行為
    3. 公共の利益を阻害する目的でのサービス利用を計画又は実行する行為
    4. サービスの提供を妨げるなど、サービスの健全な利用を阻害する行為
  • ⑤ 第4項によるサービス中止の場合、エアプサンは利用者又は第3者が被った損害は賠償しません。

第6条 会員入会

  • ① 利用者は、定められた加入様式に従って会員情報を記入した後、この約款に同意するという意思表示をする方法で会員入会を申請します。
  • ② エアプサンは利用者が次の各号に該当しない限り、会員として登録します。
    1. 入会申請者がこの約款第7条第4項に基づき、会員資格を喪失した場合。 ただ、会員資格を喪失した後3年が過ぎた者としてエアプサンの会員再加入の承諾を得た場合は例外とします。
    2. 登録内容に虚偽、記載漏れ、書き違いがある場合
    3. その他会員として登録することが技術的に著しく支障があると判断された場合
  • ③ 会員入会契約の成立時期はエアプサンの承諾が会員に到達した時点にします。
  • ④ 会員は第13条第1項に列挙された登録事項に変更がある場合、直ちに電子メールその他これに準ずる方法として、その変更事項を知らせなければなりません。

第7条 会員脱退及び資格喪失など

  • ① 会員はいつでも脱退申し込みをすることができ、この場合、エアプサンは直ちに会員脱退を処理します。
  • ② 会員が次の各号の事由に該当する場合、エアプサンはサービス利用を制限又は停止することができます。
    1. 会員の死亡時
    2. 入会申請の際、偽の内容を記載したり、2以上のIDで二重登録した場合
    3. エアプサンのウェブサイトで購入した航空券などの代金の支払い債務と他のサイト利用に関連して、会員が負担する債務を履行しなかった場合
    4. 他人のエアプサンウェブサイトの利用を妨害したり、他人の個人情報を盗用するなどの電子取引秩序を侵害・脅かす場合
    5. エアプサンのウェブサイトを利用して、この約款が禁止する行為又は法令、公序良俗に反する行為をする場合
    6. 会員加入後、連続して1年間、エアプサンのウェブサイトを利用するため、ログインした記録がない場合
  • ③ エアプサンがサービス利用を制限・停止しようとする際は、あらかじめその事由、日時、期間を電子郵便、電話、書面等で利用者に通知します。 ただし、やむを得ず緊急等を要する場合は、措置後に通知することがあります。
  • ④ エアプサンがサービス利用を制限・停止させた上で、その制裁の理由になった行為が繰り返されたり、30日以内にその理由は是正されない場合、エアプサンは会員資格を喪失させることができます。
  • ⑤ エアプサンが会員資格を喪失させる場合には会員登録を消去し、その場合、消去する前にご会員様に通知致します。
  • ⑥ サービス利用の制限、停止、会員資格の喪失による損害に対してエアプサンは責任を負いません。

第8条 会員に対する通知

  • ① エアプサンがご会員様に何らかの通知をする際は、ご会員様が登録した電子メールアドレスに送付します。
  • ② エアプサンは、不特定多数の会員に通知する場合は、1週間以上公示することで個別通知に代えることができます。ただし、会員本人の取引に関連して重大な影響を与える事項については、個別通知をします。
  • ③ 第2項の事由で通知する場合、やむを得ない事情によって事前の公示期間が削減されたり、省略することもあります。

第9条 購入申請

  • 利用者はエアプサンが定めた下記の方法により航空券などの購入申請ができます。
    1. 姓名、性別、連絡先など入力
    2. 個人情報の収集や規定、法律的な告知文、約款等に同意するという表示(例:マウスクリック)
    3. 決済方法の選択

第10条 購入契約の成立

  • ① エアプサンは第9条に定めた方法による購入申請について次の各号に該当する場合、承諾しない場合があります。
    1. 申請内容に虚偽、記載漏れ、書き違いがある場合
    2. 購入申請に対する承諾が営業上、または、技術上著しく支障があると判断した場合
  • ② エアプサンの承諾が第12条第1項の受信確認通知の形で利用者に届いた時点で契約が成り立つこととみなします。

第11条 決済方法

エアプサンのウェブサイトで購入した財貨・用役に対する代金支給方法は、次の各号を一つにすることができます。

  • ① オンライン口座振込み
  • ② クレジットカード決済
  • ③ その他のエアプサンが定めた決済方式

第12条 受信確認通知・購入申請の変更及びキャンセル

  • ① エアプサンは利用者の購入申請がある場合、利用者に受信確認通知をします。
  • ② 受信確認通知を受けた利用者は意思表示の不一致などがある場合には受信確認通知を受けた後直ちに購入申請の変更や取り消しを要請することができ、エアプサンはその要請によって処理しなければなりません。

第3章 責任と義務

第13条 個人情報保護

利用者の個人情報保護に関する詳細内容はエアプサンのウェブサイト(www.airbusan.com)上の個人情報処理の方針規定に従います。

第14条 エアプサンの義務

  • ① エアプサンは法令とこの約款が禁止したり公序良俗に反する行為をせず、この約款が定めるところに従い継続的で安定的なサービス提供や財貨・用役の供給に努力しています。
  • ② エアプサンは、利用者が安全にサービスを利用できるように、利用者の個人情報(信用情報を含む)を保護するためのセキュリティシステムを備えております。
  • ③ エアプサンが商品や役務について、「表示・広告の公正化に関する法律」第3条所定の不当な表示・広告行為をすることにより、利用者が損害を被ったときは、これを賠償する責任を負います。
  • ④ エアプサンは利用者が望んでいない営利目的の広告性電子メールを送信しません。

第15条 会員のID及びパスワードに対する義務

  • ① 第13条の場合を除いたI.D.とパスワードに対する管理責任は会員様にあります。
  • ② 회원은 제3자에게 자신의 I.D. 및 비밀번호를 이용하게 해서는 안됩니다.
  • ③ 会員が自分のIDおよびパスワードを盗用されたり、第3者が使用していることを認知した場合は、即時にエアプサンに通報し、その案内に従わなければなりません。

第16条 利用者の義務

利用者はこの約款および関連法令を遵守しなければならず、次の行為をしてはいけません。

  1. 申請又は変更の際、偽の内容の記載
  2. エアプサンのウェブサイトに掲示された情報の任意変更
  3. エアプサンが許容していない情報やコンピュータプログラムなどを無断で送信又は掲示する行為
  4. エアプサンその他第3者の著作権など知的財産権の侵害
  5. エアプサンその他第3者の名誉、プライバシーを侵害したり、業務を妨害する行為
  6. 猥褻又は暴力的メッセージ・画像・音声その他の公序良俗に反する情報を送信、公開又は掲示する行為

第17条エアプサンウェブサイトと連結サイトとの関係

エアプサンのウェブサイトと連結サイトがハイパーリンク(ハイパーリンクの対象には文字、絵や動画像等を含む)方式でつながった場合は、エアプサンは連結サイトが独自に提供する財貨・用役により利用者と行う取引について保証責任を負いません。

第18条 著作権の帰属及び利用制限

  • ① エアプサンが作成した著作物に対する著作権その他の知的財産権はエアプサンに帰属します。
  • ② 利用者は、エアプサンのウェブサイトを利用することで得た情報をエアプサンの事前承諾なしに複製、送信、出版、配布、放送その他の方法によって営利目的に利用したり、第三者に利用させてはいけません。

第19条 紛争解決

  • ① エアプサンは、利用者が提起する正当な意見や不満を反映し、その被害を補償処理するために被害補償処理機構を設置・運営します。
  • ② エアプサンは利用者が提起する不満の事項及び意見を迅速・適正に処理します。 ただ、迅速な処理が困難な場合には利用者にその事由及び処理日程を遅滞なく通知します。
  • ③ エアプサンと利用者の間で電子取引に関する紛争発生時、電子取引基本法および同法施行令に基づいて設置された電子取引の紛争調整委員会の調整に従うことができます。

第20条 管轄裁判所及び準拠法

  • ① エアプサンと利用者間に発生した電子取引の紛争に関した訴訟は、ソウル中央地方裁判所に提起します。
  • ② エアプサンと利用者間に提起された電子取引訴訟は大韓民国法を適用します。

付則

第1条 約款の効力

この約款は2008年10月1日から施行し、この約款が改正される前に加入した会員にも適用されます。

第2条 約款の改正

エアプサンは、大韓民国の約款の規制に関する法律、電子取引基本法、電子署名法、情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律、消費者基本法、電子商取引などの消費者保護に関する法律などの関連法規を遵守します。したがってエアプサンの会員約款は大韓民国の関連法規の改正や政府指針の変更によりその内容が変更されることがあります。会員規約改定の際には、改訂版の日付、改訂理由、改訂内容などをインターネットウェブサイトに公示します。

第16条

会員は、本人の個人情報が変更された場合、エアプサンの修正を要請しなければならず、アドレス未登録、不正確な個人情報や郵便物の紛失に起因エアプサンから連絡を受けられず、損害が発生した場合には、エアプサンはこれに対して責任をとれません。

第17条

最近発行された会員のガイドやホームページに記載された内容は、以前のすべての規定と条件よりも優先します。